後悔しかない人生だった

主にポケモンについて書きます

からきおす杯の振り返り

6/18(日)に開催されたからきおす杯という大会に参加してきました

ルールは簡単にいうとチーム戦のトーナメント戦で、先に3勝したチームが先に進めるというもの

レート2200越えの方が開催したということもあり出場者も最高レート2000を越えているような強者の方ばかりのようで、開始前からかなり緊張していました

ちなみに使った並びはこんな感じ(これからも使う可能性があるので詳細は伏せます)

f:id:traial-pokemon:20170620172152p:plain

こっから常体

当日、20:00から点呼開始と聞いていたが、帰ってこれたのが20時を過ぎていたためかなり焦っていた(実際には20:50までにやれば大丈夫みたいだったため良かった)

なんやかんやで一戦目開始

お相手は最高レートとかは分からなかったが雰囲気的に強者っぽくて勝てたらいいな~と思っていた

ある程度試合が進んだところで、なんかターンが終了しないぞと思っていたら

対戦相手との通信が切断されました

ルールに従って再現試合を行うことに

そして数ターン後

通信エラーが発生しました

ルール上は2回目の通信切れということでこちらが負けになってしまうので自宅の回線の貧弱さを恨んでいた

しかし、こちらがほぼ勝ち確定な状況であったため、お相手の方が、こちらの負けでいいですよと言ってくれた

この試合を落としてたら2回戦には進めなかったので、ほんとに嬉しかった

こう書いたことからも分かるように、チーム全体で3勝2敗で2回戦進出

2回戦のお相手は、紛れもない2200勢

22杯にも出場されていたようで、これは勝てないかな~と思った

まあやってみなきゃ分からないなと試合開始

なかなかいい感じに試合が進んでいったところで

通信エラーが発生しました

おい、家の回線仕事しろ

ルール上は再現試合になるが、かなりターン数が経過していたため、再現試合は難しく、話し合いで決めることに

かなりこっちに有利な試合展開だったため、お相手が、こちらの勝ち筋は限りなく低かったと言ってくれて、実質勝利

だがその時点で味方が3敗していたので2回戦落ちという結果に終わってしまった

 

強者の方と直接対戦できる機会はなかなかなく、また、その強者相手に(実質)2-0という結果を残すことができたので、個人的にはとても満足できた大会でした

今回からきおす杯で一緒に戦ってくれたにゃらさん、SEGAさん、まさきさん、ラプラスさん、本当にありがとうございました、そしてお疲れさまでした

SEGAさんとラプラスさんがからきおす杯で使用した構築の記事を書いてるみたいなのでリンクを貼っときます

SEGAさん(本人の構築ではないらしいですが)

t.co

ラプラスさん

真皇杯オンライン予選&からきおす杯構築 ~そげぶアシレーヌ~ - ポケモン

真皇杯のオフレポみたいなもの

適当にぐだぐだ書いてるだけなので暇つぶしに電車の中とかで読んでいただければ嬉しいです。

 

話は真皇杯関東予選の数週間前から。

ポケモンをガチでやり始めて1年半位経つが、それまでポケモンをするといえばレートに潜る、Twitter上での大会に参加するなどのみだった。

しかし、ポケモンのオフ会なるものが存在するのは知っていて、かなり前から出てみたいなとは思っていた。

そこで、受験で身動きが取れなくなる前に一度ぐらいはオフ会に出てみようと思い、とあるオフ会にめっちゃ出てるフォロワーさんにDMで相談してみるととりあえず出てみればと言われ、オフ会について色々と教えてもらって最大規模のオフ会である真皇杯に出てみることにした。

その方は関西の方に住んでいて、僕は関東なので同じオフ会に出ることはできなかったが、調べてみると知り合いのフォロワーさんに真皇杯関東予選に出る人が3人いることが判明。

ちなみになぜかその方たちは全員からきおす杯で同じチームの方だった。

 

こっから当日。

朝(休日としては)早めに目覚めると、家が遠い方がもう出かけていた(結局早く着きすぎて7km歩いて時間を潰したらしいが)。

また小田急線が止まったとかで遅くなりそうな方もいた。

幸い僕は小田急線は使わなかったので、予定通りに会場の最寄り駅に到着。

改札から出るとポケ勢らしき人たちが複数人で固まって歩いていたが、当然僕は一緒に会場に行く人などおらず一人で地図を見ながら頑張って歩いていった。

会場に着くと既に多くの人が集まっていて、恐る恐る配られた名札を見ながら14ブロックへ。

着席する時に他の人に「よろしくお願いします」といったつもりだったがあまりに緊張しすぎていてこいつ何か変なこと言ってるぞって思われたかもしれない。

名札を撮ってTwitterにあげてポケモンの申請シートを書いていると知り合いのフォロワーさんから「言ってもいい?」と返信が。

めっちゃ緊張しながらも会ってみるとそこにはイケメン大学生がいた。

少し話して緊張もほぐれてきたところで一旦帰っていって、とりあえず僕は申請シートを書き上げた(字が汚くて読みにくかったら運営の方ごめんなさい)。

その後、その方と同じブロックにもう一人知り合いの方がいるということで挨拶しにいった。

適当にぼーっとしてたら予選が始まって、気がついたら3連勝して昼ごはんの時間。

誰も一緒に食べる人がいなくてもしかしてぼっち飯というやつか…?と思ってたらさっきの2人の方が飯に誘ってくれた。

ほんとありがたかった。

だが、まずどこで飯を食べるのか決めるのに時間がかかり、更に中で少し待たされ、これが一番時間を食ったのだが、注文してから料理ができるまでかなり時間がかかった(これに関してはしょうがないのだが)。

結局食べ始めたのが始まる20分前で、そこそこ量もあったので当然食べ切れるわけなく少し残して急いで会場に向かった(それでも少し遅れてしまったが)。

初めてのオフ会で勝ち越せたらすごいとか言われてたので、頑張ってあと2勝するか、そんだけ勝てたらもう負けてもいいや…と思ってたら気がついたら予選全勝してた。

勿論文句なしの14ブロック1位通過、さらにはシードになれて決勝トナメ一回戦免除になった。

その後もう一人のフォロワーさんとも会えて、4人でフレ戦したりしていた(正確に言うと僕はしてないけど)。

そうこうしてたら1回戦が終わって、2回戦(僕にとっては1回戦)が始まった。

色んな人が見てる中でカグヤのppを枯らしにいって降参をいただき、3回戦へ。

なぜかその試合が放送されることになってしまい、大画面に映し出される&会場にいない方にも見られるということで結構緊張していた(その試合に勝てばその次負けても本戦いける望みがあったってのもある)。

そのせいもあってか、選出ミス&プレミをしてしまい、結果は負け、これはとても悔しかった。

運は絡んではいたが確率的には五分五分ぐらいだったので、ミスをした自分が悪い。

見てた方ならわかると思うが相手の方のプレイングが上手すぎたので、安定行動しか取れない自分は弱いなぁとも思った。

そのうち明日も学校(中間だったらしい)あるし、家が遠いので…と一人の方が帰り、もう一人帰る方がいたので一緒に帰ることに。

帰り道ではシザリガーの話なんかをしていた。

 

オフ会に出るのは初めてだったがとても楽しく、もう既に夏休みにあるいくつかのオフ会に出ることを決めている。

今年はポケモンに時間を沢山費やせる最後の年だと思うので、しっかりと楽しみたい。

 

 

【第三回真皇杯関東予選ベスト16】 害悪(?)サイクル

はじめまして、トライアルといいます

今回第三回真皇杯関東予選においてある程度の結果を出すことができたので初めて構築記事を書かさせていただこうと思います

 

使用した並びはこんな感じ

f:id:traial-pokemon:20170605211939p:plain

並びを見て気づいた方もいるかもしれませんが、この構築はMerry(ぐりーど)さんのS3の構築(海図にない海を帆走するには勇気がいる)を少しだけ変更した形になります

無断なので問題があれば言って下さい

 

以下個別紹介

メガリザードンX

性格:陽気

特性:猛火→硬い爪

努力値:252-0-0-×-4-252

調整:HSぶっぱ残りD

技構成:ニトロチャージ/ドラゴンクロー/鬼火/羽休め

構築元と同じ最速鬼羽メガリザードンX

初手に出てくる地面枠に鬼火撒いて後ろに引く動きが強かった

コケコランドグロスみたいな並びを一匹で壊滅させられる

(最後の試合でコケコグロスに負けたのは内緒)

最速なのは構築全体で重めなウルガモスを対面からニトチャ+ドラクロで落とすため

 

メガゲンガー

性格:臆病

特性:呪われボディ→影踏み

努力値:0-×-0-252-0-252(余りをBDどっちに振ったか忘れた)

調整:CSぶっぱ

技構成:シャドーボール/ヘドロ爆弾/滅びの歌/守る

これも構築元と同じ

あまり出さなかったが、出した時には活躍してくれた

この構築で重めなカプ・レヒレを倒せる貴重なポケモン

もし受けループに勝ちたければ守るの枠を身代わりにすることをお勧めする

今回身代わりを切ったのは2ウェポン+滅び+守るの汎用性が高かったから

 

テッカグヤ@食べ残し

性格:呑気

特性:ビーストブースト

努力値:228-0-252-0-28-0

調整:H201、Bぶっぱ、残りD

技構成:ヘビーボンバー/火炎放射/宿木の種/守る

重いカプ・テテフを処理するために採用

構築元ではウェポンがエアスラのみだったが、テテフの処理速度を上げるためにヘビボ、同じく重いカミツルギナットレイへの有効打として放射を採用

残りは体力を管理しやすいように宿木、守るを採用した

 

ポリゴン2@進化の軌跡

性格:図太い

特性:トレース

努力値:224-×-252-0-12-0(もしかしたらSに12振ってたかも)

調整:HBぶっぱ残りD(S)

技構成:冷凍ビーム/イカサマ/放電/自己再生

元の構築を回してて重かったギャラドスボーマンダメタグロスをみるために採用

実際メガボーマンダはかなり多かったため採用して良かったと思う

最近はA+2ミミッキュをイカサマで落とせるアナライズが流行ってるようだが、このポケモンミミッキュをみるつもりはないためギャラマンダに強く出れるよう性格はトレースにした

とはいえ、ボーマンダに身代わり+羽で粘られる場面が多かったため、アナライズで採用しても良かったかもしれない

 

ドヒドイデ@氷Z

性格:図太い

特性:再生力

努力値:252-×-156-100-0-0

調整:C H4ミミッキュの身代わりを熱湯で確定破壊、残りHBぶっぱ

技構成:熱湯/黒い霧/毒々/自己再生

構築元の調整をそのまま使用した

育成する前までは正直Cに振るのはどうかと思っていたが使ってみるととても使いやすくて驚いた

調整先の呪いミミッキュには遭遇しなかったが、火力があって助かった場面もあったのでこれで良かったと思う

この構築で重いノーマルor飛行Zウルガモスや叩き持ち腹太鼓マリルリを後出しから止められるよう、持ち物は構築元の記事にもある通り氷Zしかありえない

 

グライオン@毒々玉

性格:慎重

特性:ポイズンヒール

努力値:212-0-44-×-252-0

調整:Hポイヒの回復効率最大、Dぶっぱ、B残り

技構成:地震/毒々/身代わり/守る

これも元の構築と同じ

最近話題のガルドのZシャドボ耐える慎重グライオン

コケコやガルドなんかをみてもらった(めざ氷は知らない)

放っておくとどんどんHPが回復してくれるので雑に投げても仕事をしてくれた

一応対面からならスカーフテテフのサイキネを身代わり分のHPを残して耐えるのでみがまもでppを枯らして勝てる

 

辛いポケモン

ブルル以外のカプ系、拘っていないボルトロス、耐久鋼など

特にテッカグヤに関してはドヒドグライで回し続けてppを枯らしたりしていた

構築として言うと、受けループ

S3でゲンガーが流行ったため受けループはいないだろうと予想しこの構築を持っていくことにしたが実際には他のブロックにはいたようで危なかった

 

最後に

初めてのオフでレートもお察しレベルの自分がここまで勝つことができたのはこの構築の完成度がかなり高いからだったと思う

実際、予選は8-0で抜けることが出来て、さらに危ない試合もあまりなかった

正直プレイングが上手い人が使っていれば本戦ぐらい余裕だったと思う

また、先ほど挙げた辛いポケモン、構築にあまり遭遇しなかったのもかなり大きかった 

オフ会の楽しさに気づいてしまったので今後もまた機会があったら出でみたいと思う

 

事前に色々なことを教えて下さったフリードさん、会場で応援して下さったSEGAさん、にゃらさん、ラプラスさん、DSの充電が無くなったときにモバイルバッテリーを貸して下さったむかぽけさん、Twitter上で応援して下さったフォロワーの皆さん、そして対戦して下さった皆さん、本当にありがとうございました

この場を借りてお礼申し上げます

 

何か問題があったり、質問があればTwitter(@trial_pokemon)まで